• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成19年6月号「じんましん」(全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成19年6月号「じんましん」(全2ページ)

じんましん(1ページ目)

突然に痒みを感じ、思わず痒いところを掻くと、さらに痒くなりさらに不愉快。
とくに日没後や夜間に痒みがひどくなり、布団の中でイライラ掻き続けて寝不足になる。
朝起きて、病院に行ってみるとアラ不思議。おさまっている。
これがじんましん(蕁麻疹)の典型的な症状です。

なんか悪いものでも食べたかな?ひょっとして内臓に悪い病気があるのかな?
皆さんが心配になることを中心にお話します。

どんな症状でしょうか?

典型的なじんましんは、「蚊に刺されたように」腫れてきます。
蚊に刺された場合と違うのは互いに融合して「意味不明な地図」 見たいな様相になることです。

そして、掻いてしまうとその部分にじんましんが誘発され「ミミズ腫れ」が生じてきます。
腫れずに赤くなるだけの方もいます。

なぜ、じんましんが出るのでしょうか。原因は?

じんましんには原因が特定できるタイプと、いろいろな検査をしてみても原因不明な (医療の業界用語では突発性といいます。)タイプがあります。
皮膚科専門医の経験から申しますと、大部分が原因不明です。

大学病院の皮膚科外来でも内臓疾患やアレルギー性で 食物や薬剤が原因と判明する患者さんが見つかると、 医師は「めずらしいな。」と感じるくらいです。ちょっと意外と思われるでしょう。

現実に多い原因は、風邪やヘントウ炎、中耳炎などの炎症性疾患です。

アレルギー性じんましんの特徴。

じんましんでアレルギー性の原因がある場合は、医師でなくても判断できるものが多いのです。
食物や、サプリメント、健康食品、薬剤などによるじんましんは、 食事や内服から30分〜1時間以内に必ずじんましん発作を生ます。

同じ原因物質を摂取してた場合は例外なくじんましんが出ます。
「昨日の夜に青魚を食べたら朝になって痒い。」の、ように時間が離れているものは原因ではないのです。

ですから、子供の場合はお母さんが気づきます。
大人の場合は本人が「どうもこれを食べると痒くなる。」 として気がつくことが多いのです。

サプリメントや健康食品、薬剤など単純な成分構成の場合は簡単です。
内服するたびに必ず痒くなりますから、判ります。ところが食事は少しヤヤコシイのです。
なぜなら、食事に含まれる成分が多いからです。

練習問題のように、考えてみてみましょう。
食事毎に食後すぐにじんましんが出て食物アレルギーが疑われる患者さんAさんの、食事内容です。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ