• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成17年3月 ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用材の本当の怖さ
(全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成17年3月
ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用材の本当の怖さ(全2ページ)

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用材の本当の怖さ(1ページ目)

一般の方々の、ステロイドの塗り薬に対する恐怖心は、最近うすれているようです。
常識的に考えれば、現在の日本国内で厚生労働省が使用を許可して数十年の使用実績がある薬剤は、毒みたいに危険なものである筈がありません。

でも、ステロイドはコワイ薬だって聞いていますが?

そうですね。なぜ恐いと思われるようになってしまたのでしょうか?
意外に思われるでしょうが、原因はステロイドが「非常に効く薬」だったからなのです。

よくわかりませんが、効く薬=良い薬なのでは?

そうです。良い薬です。
でも良い薬が「塗り薬」である場合は間違った使い方をしたくなるのが人情です。お父さんが処方されたカゼ薬を子供に飲ませますか? そんなヒトいないでしょう。塗り薬の場合はどうでしょう。子供に処方された塗り薬をお母さんが自分に塗ってしまうことが、起こり得るのです。「これ良く効いたから私も塗ってみよう!」危険です。同じ子供さんでも、「夏休みにもらったこの塗り薬。よく効いたから正月にも使ってみよう!」これも間違いです。

でも、効けば良いじゃないですか?

良い薬=良く効く薬=強力な作用をもつ薬=使い方を誤ると不利益となる可能性がある薬なのです。
どのような皮膚疾患にどのような期間使用すれば妥当なのか。専門家の指導で使うべきものなのです。

間違った使い方をすると死にますか?

命に別状はないでしょう。
しかし、簡単に大トラブルになる可能性の強い場所はあります。
顔です。

顔がどうなるのでしょうか?

顔、耳、頭などは外部から受けた刺激に忠実に反応する鋭敏な場所なのです。ステロイド外用剤を顔の正常皮膚に1日に1回塗り続けた場合、一週間ぐらいで連用による「薬癖」がついてしまうことがあります。薬物中毒のように、「薬が切れると荒れ狂う」状態になってしまう可能性があるのです。ステロイドが恐いという風評はこの中毒状態になってしまった不幸な方の悲惨な経験を聞いてはじまったようです。

そんなこと起こりえるのですか?

よく効く薬だから、起こりえるのです。
ちょっとした肌荒れにやカサつきにも素晴らしい改善作用があります。気楽に使って、この効果を発見してしまうと大変です。女性にとっては「超スーパー美容液!」みたいに思えてしまいます。だから、「効く塗り薬」は逆に危険なのです。実験しないでくださいね。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ