• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成16年9月号 冬のカサカサかゆい肌 その対策は(全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成16年9月号 冬のカサカサかゆい肌 その対策は(全2ページ)

冬のカサカサかゆい肌 その対策は(1ページ目)

毎年10月中旬から11月くらいになると、すねや腰のあたり、わき腹などの皮膚がカサカサになりかゆくなって困る方はいませんか?女性の場合は腕に生じる場合も多いようです。
それが皮膚科の診断名(業界用語)では皮脂欠乏性湿疹というものです。ほとんどの方は、次の年の春4月下旬まで続いて自然におさまります。

皮脂欠乏性湿疹の原因

日本の清潔好きな生活習慣です。え?清潔がいけないの!そう思われるかもしれませんね。最近のデジタル文化で常に無視される「程度問題」あるいは「ちょうど良い按配」が大事なのです。どのようなことなのかお話しましょう。

自動車のボディーにワックスで保護する膜を作るように、皮膚というものは、脂質(単純にあぶらと考えてください)の膜で覆われています。
清潔好きな日本人は「垢をスリ落としてさっぱりしたい」との習慣も加わってこの皮膚の保護膜を洗い落としすぎるのです。

洗車好きな人が、毎日一生懸命に愛車を磨き上げようとしたのにやりすぎてしまい、ボディーの塗装が痛んでザラザラになってしまったような状態なのです。それが、冬のカサカサかゆい肌の原因です。

では、対策は?

入浴後にスキンクリームなどでたっぷりと保湿して…それは間違いです。
そう考えたら、製薬メーカーや悪徳化粧品会社の思う壺。かれらの売り上げ成績に際限なく協力することになります。洗い過ぎてから何かを塗って保湿するのは正解ではありません。
真の正解は「フロ上がりに何も塗らないでもカサカサにならない程度に洗浄法を改善する。」ことです。
今この文章を読んでいるあなた。あなたのおじいさまやおばあさまは、入浴後に何かを塗っていましたか?日本人の生活の知恵として、年齢と季節にあわせて洗い方の程度を変えて対応していたはずなのです。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ