• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成14年3月号 アトピー性皮膚炎は恐くない(全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成14年3月号 アトピー性皮膚炎は恐くない (全2ページ)

大切な正しいスキンケア (1ページ目)

アトピー性皮膚炎に対して恐怖感を持っている方が多いようです。
さらに、その治療に関して、もっと大きな恐怖を感じている方もいます。アトピー性皮膚炎の治療について、皮膚科医から見た考えかたをお話します。

アトピー性皮膚炎とはどんな病気ですか?

痒い湿疹が、体のいろいろな場所に、繰り返して出現してくる状態です。 軽症な状態から重症な状態まで、様々な程度がありますが、共通しているのは、良くなったり悪くなったりしながら、長期間皮膚のトラブルに悩まされることです。

典型的な場合は、赤ちゃんのときから、カサカサと乾燥した皮膚で痒みに悩まされ、小学生になっても、時々あるいは常に、皮膚が赤くなって痒くなる湿疹に悩まされます。人によっては、大人になってから、突然症状が出る場合もあります。

もちろん、発見の遅れたガンなどの病気とは違って、命を失うことはありません。
しかし、対処法が不適切で重症になると、非常につらい痒みに悩まされます。若い時代に症状が強い方が多く、治療がうまくいかないと、外見上のコンプレックスも伴って、人生を楽しく過ごせない不幸な精神状態に、追い込まれやすいものなのです。

アトピー性皮膚炎は治らないのですか?

そんなことはありません。それどころか、もともと病気ではないとさえ言えるのです。
病院では、健康保険を適用して薬を処方されますが、病気と考えるより「湿疹が出来やすい性質」と考えてください。
これは非常に大事なことですが、痒くてカサカサとした湿疹が出来たときに、「いやらしい病気が出てきた!」と考えると、上手に対処できないのです。
では、どのように考えれば、うまくいくのでしょうか?

皮膚科的なアトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能(外敵を体内に侵入させない防御力)の障害と解釈されています。
外界から受ける様々な刺激を、体内に入れないように、バリアとして働いているのが皮膚の役目です。病原体や有害な物質を、体内に侵入させないように頑張っているのです。

でも、耐久力には限界があります。普通のヒトよりも少しだけ耐久力の限界が低いのが、アトピー性皮膚炎だと考えて下さい。一生懸命働いているのに、負担が限界を超えてしまうと、痒い湿疹になってしまう、そんな性質なのです。

だから、助けてあげてください。援軍を送って、外敵に負けないように助けてあげるのが、正しい対処法なのです。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ