• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成13年6月号 近視矯正手術「レーシック」について(全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成13年6月号 近視矯正手術「レーシック」について

近視矯正手術「レーシック」について (1ページ目)

最近、この「レーシック(LASIK)」という言葉を耳にすることが増えました。
有名スポーツ選手がこの治療を受けていることもあり、何となく、近視治療の手術であることを知っている人も少なくないと思います。しかし、興味は持っていても「恐そう」「高いのでは?」などの不安があり、敬遠している人が多いのではないのでしょうか。

近視の原理は?

角膜や水晶体の屈折力が強すぎたり、眼軸(眼の長さ)が長いために、遠方を見た時、光が網膜より前で焦点を結んでしまいます。そのため、遠くの物がみえにくくなります。

近視の原理画像
レーシックってどんな手術?

エキシマレーザーという、熱をほとんど発しないレーザーで、角膜を削り、角膜のカーブを変えることで近視を治します。この治療は、日本では2000年1月に厚生省(現厚生労働省)が認可しています。アメリカでの手術件数は年間約150万件に上っており、日本でも年間約1万件に達すると見られています。

手術方法について簡単に説明しましょう。

まず、マイクロケラトームというカンナのような器具で、角膜の中央部を薄く削り、フラップ(蓋のようなもの)を作ります。
この時、点眼麻酔(麻酔の目薬)をしますので、痛みはほとんどありません。フラップをめくって、レーザーを照射し、角膜の表面のカーブを変えます。フラップを元の位置に戻して、自然に接着させます。手術時間は両眼で約20分ほどです。

術後の痛みはほとんどありません(ごろごろするような違和感や、しみるような感じが稀にあります)。
視力の回復も早く、早ければ数時間後から視力は回復し、翌日に目標の視力が出ることも少なくありません。

手術時間は短く、入院の必要はありませんが、手術後は定期検査を必ず受けて下さい。
なお、手術費用は、現在は健康保険は適用されないので、両眼で50万円ほどかかります。使用している器械やガスが高価なのです。

写真 手術順序その1
1.手術の前に点眼薬で麻酔をします。
写真 手術順序その2
2.マイクロケラトームで角膜の表面を削り、フラップをつくります。
写真 手術順序その3
3.フラップをめくります。
写真 手術順序その4
4.エキシマレーザーを照射して、近視や乱視を治します。
写真 手術順序その5
5.フラップを元にもどして、自然に接着させます。
皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ