• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成12年12月号 がん予防の十二ヶ条 (全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成12年12月号 がん予防の十二ヶ条 (全2ページ)

国立がんセンターによる がんの予防十二ヶ条 (1ページ目)

がんの予防のために、国立がんセンターがまとめた「がんの予防十二ヶ条」は、わかりやすく、日常の生活のなかで実行できる内容になっています。

第一条 バランスのとれた栄養をとる

バランスのとれた栄養とは、蛋白質、脂肪、炭水化物、乳製品などの基礎食品を、毎日適量ずつとることです。偏食をしないでまんべんなく適量食べることがたいせつです。
そうすることによって、発がん性ののある物質を集中的に摂取してしまうことを回避できますし、また発がん抑制効果のある物質をまんべんなく摂取することにもなるわけです。栄養のバランスのよい食生活は、生活習慣病(成人病)の予防にも役立ちます。

第二条 毎日変化のある食生活を

好きだからといって毎日同じものばかり食べていると、発がんの原因にもなってしまいます。
たとえばハム、ソーセージ、ベーコン、たらこなどは、強力な発がん物質ニトロソアミンの増加につながります。毎日変化のある食事をすることは、がんになる危険を分散するという意味でもたいせつなことです。

第三条 食べ過ぎを避け、脂肪は控えめに

バランスとともにたいせつなことは、食べる量です。
いつも満腹にさせたネズミは食べる量を六十%に制限したネズミと比較すると、発がん率が高いという実験結果が報告されています。
また食べ過ぎのなかでも、特に、脂肪のとり過ぎは、大腸がん、乳がん、卵巣がん、肺がんの原因になるともいわれています。

第四条 お酒はほどほどに

アルコールはたばこに比べて、発がん発生のリスクはかなり下がりますが、濃いアルコールをストレートで飲むと、食道がんになるといわれています。
これは濃度の高いアルコールが、食道の粘膜を傷つけるためだと考えられています。また蛋白質などの副食をとらずに飲酒を続けたり、たばこを吸いながらの飲酒が肝臓がんや大腸がんになりやすいといわれています。
お酒は副食をとりながら、ほどほどに楽しみたいものです。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ