• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成11年4月号 「先生の丸くて大きな手」 (全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成11年4月号 「先生の丸くて大きな手」 (全2ページ)

「先生の丸くて大きな手」山崎孝樹(12才小学生) (1ページ目)

第十七回「心に残る医療」入選作品から

「僕、修学旅行に行けなくても、もう泣かないから」
「あっ、本当?ありがとうね。そう言ってくれると、先生も助かるなあ。早く良くなるといいね」と言って、主治医のT先生は僕の頭をなでてくれました。
うれしくなりました。先生の手は、丸くて大きい感じがしました。

四月十四日、僕は血小板が減って三回目の入院をしました。
六年生になって、まだ一週間しか学校に行っていないのに、また入院でがっかりしました。それに、十六日後には修学旅行があります。とてもあせりました。
僕は毎日先生に「旅行に行きたい」と言いました。クラスの友達も「一緒に旅行に行けるように」と干羽づるを析って応援してくれました。
お母さんと先生が何回も話をしていました。

ある日先生が「旅行には行かれない」ことを言いました。
せっかく新しいリユックサックやズックも買ってあったのに。五年生の時からあんなに楽しみにしていたのに。
修学旅行に行けないなんて、絶対に我慢出来ない。くやしくて悲しくて泣きました。
看護婦さんも家族もなぐさめてくれたけれど、ずっと、ずっと泣いていました。

僕は、次の日から、回診の時も先生に返事や話をしなくなりました。
お母さんに、「旅行に行けないからって、先生が悪いんじやないでしょ。先生だって孝樹が旅行に行けるようにと、いろいろ検査もして、お薬のこととか考えてくれてるでしょう」と注意されました。
そんな事、分かってるし、自分の病気のせいなんだけど、自分でも気持ちをどうしていいのか分からなくて、本当は優しくて、おもしろい先生のことが大好きなんだけど「行かれない」と言った先生が悪いことにして、ロをききませんでした。

やっとのことであきらめた時、先生は僕が返事とかしなくても、嫌な顔もしないで、いつも同じで優しく話しかけてくれていたのに、悪いことをしたなあと思いました。
そこで先生に「もう泣かない」と言いに行きました。すると「ありがとうね。早く良くなるといいね」と言って、僕の頭をなでてくれたのです。
入院してから一週間しかたっていないのに、とても長く感じました。

皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ