• 文字が小さく読みにくい場合、下のボタンで文字の大きさを変更してください。
  • 文字を大きくする
  • 元に戻す

東京都千代田区神田小川町2-8
TEL:03-3291-0450
FAX:03-3291-0580

所属医院・病院ログイン

所属医院・病院の会員ページへログインするためのフラッシュです。

ホーム > 皆さんの健康と医療 > 平成11年1月号 介護保険法が来年四月から施行されます (全2ページ)

皆さんの健康と医療

平成11年1月号 介護保険法が来年四月から施行されます
(全2ページ)

老後の安心を皆で支える仕組みと言われていますが (1ページ目)

はじめに

平成11年(1999年)、明けましておめでとうございます。
来年四月から、高輪化社会を迎えて全く新しい保険制度が生まれます。
私たちの老後の一番不安なもとになる、高輪になってからの介護を皆で支える仕紺みであり、今の老人福祉法など老人保健制度を見直し、介護が必要となった人が自分に適したサービスを選んで、自立した暮らしを送ることができるようにするものてす。

介護支援専門医

これはケアマネージャーとも一言われています。
介護保険がきちんと行なわれる上で重要な役割を果たす人達です。
この資格を得るための試騒が、昨年九月から答都道府県で行なわれました。
全国では試験を受けた人が二十三万人もありました。合格した方の最高年齢は八十七才、静岡県の方です。
耳も自も達者で「同年代の気持ちを埋解できるケアマネージヤーを目指したい」と一言っており、頼もしい限りです。
最近、しっかりした体力、能力を持った高輪者を〃老人力〃などと一言っていますが、その見本のような方ですね。

保険料の負担

六十五才以上の方を第一号被保険者と言いますが、年金額が十八万以上の人は年金から天引きされることになり、約二干五百円です。
四干才以上六干五才末満の医療保険に入っている方は第二号扱保険者と言われていますが、加入している医擦保険と所得などによって差があり、それぞれの医療保険料と共に納めます。

いくつかの気になる点
皆さんの健康を祈ります。 次のページへ 前のページへ